トップ / コンピューターの記憶装置

コンピューターの記憶装置

コンピューターメモリ

コンピューター上のメモリの役割

コンピューターはCPUなど様々なパーツが組み合わさって動いていますが、その中で、作業場としての役割があるものにメモリがあります。メモリはデータを展開する場所として利用されていて、もし、メモリ不足の状態になるとコンピューターの動作が非常に遅くなってしまいます。なぜ遅くなってしまうのかというと、メモリに展開出来ないデータをハードディスクに展開するためです。メモリの役割はハードディスクでも可能なのですが、データの転送速度がメモリと比べるとハードディスクは非常に遅いために、全体の動作も遅くなってしまうのです。

動作

メモリ不足によるトラブル

コンピューターは情報を一時的に保管しておく為のメモリと呼ばれる領域が存在し、この場所が足りなくなるとアプリケーションが強制終了したり動作が重くなる原因となってきます。一般的にメモリ不足の症状を引き起こす要因として、コンピューターに搭載されているメモリの容量不足が挙げられ、改善するにはメモリそのものを増設する選択肢が最も効果的です。また、複数のアプリケーションを同時に起動するとメモリ不足へ陥るリスクが高まってくる理由から、不要なアプリケーションや常駐ソフトはできるだけ停止させておき、システムの使用する容量に余裕を持たせる選択がポイントとなるでしょう。

コンピューター使用情報

↑PAGE TOP

© Copyright コンピューター速度を決めるもの. All rights reserved.